ウルトラファインバブルを設置してきました

こんにちは、ウルトラファインバブルについては、こちらのHPでも何度かご紹介させていただいておりますが

お客様のご自宅にウルトラファインバブルのノズルの設置をご依頼いただき施工してきました。

https://www.advisor-home.co.jp/%e3%82%a6%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%96%e3%83%ab/

水道管に直接取り付けています!

こちらのノズルは株式会社ウォーターデザイン様の開発されたノズルで

日本で唯一! 日本の水道管に設置が可能な水道機器認証という認証を取得しているそうです。

そのため、一般的な水道管と同じ扱いなんです。

水道機器認証とは、水道管に設置をしてもいいですよ。と国から認められた認証な為、大元にはめても大丈夫なのだそうです。

水道管に設置するということは、お家にある水が出る場所!トイレ、キッチン、お風呂、洗濯機などお家中のお水がすべてウルトラファインバブルのお水に変わります。そして水道管に直接設置することで、メンテナンスも大規模地震などのよほどのことがない限り必要ないそうです。

外気を取り入れずに、清潔な水道水の中に溶け込んでいる空気から「ウルトラファインバブル水」を作るので、外的要因によって汚染されるリスクがなく、とても清潔なお水が蛇口を捻ると出てくるようになりますよ

正規代理店として発注から設置までお取り扱いさせていただいておりますのでお気軽にご相談くださいね。


豆知識
💡

ウルトラファインバブルの歴史をご存知ですか?

ウルトラファインバブルは、ここ日本で発見された今世紀最大とも言われるイノベーション技術なんです。ファインバブルの歴史は1998年ごろ、牡蠣養殖場の赤潮被害解決法として採用されたのが始まりです。

世界的にも有名な牡蠣生産国である日本で1997~1998年頃に広島湾で「 ヘテロカプサ」と呼ばれる新種の赤潮が発生し、養殖カキだけでも40億円を越える大被害が出ました。この赤潮被害の解決策として試されたのがマイクロバブルの発生装置でした。マイクロバブルにより牡蠣全滅の被害は回避され、そこからマイクロサイズよりもさらに小さなナノバブル(ウルトラファインバブル)が研究開発されたそうです。

既にこんなところで使われています

環境🐳 土壌浄化、地下水浄化、工場排水処理、汚泥減容化、有害物分解 など
農業🥦 農畜産物の成長促進・収穫増加・品質向上、鮮度保持、液肥、生産管理 など
食品🍓 鮮度保持、酸化防止、風味の付与、食感の付与、香りの付与 など
水産業🦑 水産物の成長促進・収穫増加・品質向上、養殖環境改善、鮮度保持 など
洗浄 🚽トイレ洗浄、生産ライン洗浄、塩害対策、配管汚れ除去、洗濯機 など
産業 🦠精密剥離、シリコンウェハー、薄膜分離 など
美容🛀 温泉(気泡風呂)、洗顔・頭皮洗浄、ナノテク化粧品、シャワーヘッド など
その他🔶 医療・医薬品、船舶、製紙、日用品、エネルギー、水族館 など