こどもみらい住宅事業がはじまります

こどもみらい住宅事業をご存知ですか?
子育て世帯や若者夫婦世帯による高い省エネ性能を有する新築住宅の取得や​
住宅の省エネ改修等に対して補助することにより、子育て世帯や若者夫婦世帯の住宅取得に伴う​負担軽減を図るとともに、省エネ性能を有する住宅ストックの形成を図るためにはじまった事業なんです。

リフォームについて

全ての世帯を対象とし、対象工事を行うことで最大30万円の補助金交付を受けることが出来ます。若者夫婦世帯ではないし子育てもされいないので・・・ということはないんです

子育て世帯若者夫婦世帯の場合等(別途条件を満たす場合)に最大60万円までの補助金が交付されます。

  1. 開口部の断熱改修
  2. 外壁、屋根・天井又は床の断熱改修
  3. エコ住宅設備の設置
  4. 子育て対応改修
  5. 耐震改修
  6. バリアフリー改修
  7. 空気清浄機能・換気機能付きエアコンの設置
  8. リフォーム瑕疵保険等への加入例:家事負担の軽減に資する設備設置工事

上記1~3に該当するリフォーム工事を含んでいる必要があります。

また補助金額が5万円以上となる場合にのみ申請が可能です。

国土交通省のHPでの反映は時間がかかっているようなのですが

アドバイザーホームでもリフォームの事業者として登録をしております

申請をされたいと思っているかたがいらしたらお気軽のご相談くださいね。

 

 

 よくあるご質問

リフォームと他の補助制度との併用について

他の補助金等と併用は可能ですか

住宅(外構含む)のリフォーム工事を対象とする国の他の補助制度
との併用はできません。
代表的な補助制度との併用の取扱については次の通りです。
【併用可】
・住宅ローン減税等の税制優遇
・被災者生活再建支援制度
【工事請負契約が別である場合は併用可】
・外構部の木質化対策支援事業
・住宅・建築物安全ストック形成事業
・ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)化による住宅における
 低炭素化促進事業
・次世代省エネ建材支援事業
・高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業
・家庭用燃料電池システム導入支援事業
・介護保険制度
・市街地再開発事業への補助
・サステナブル建築物等先導事業
・災害救助法に基づく住宅の応急修理制度
【工事請負契約が別、かつ工期が別である場合は併用可】
・長期優良住宅化リフォーム推進事業
・地域型住宅グリーン化事業

他の補助金等との、「工期が別である場合」とは、着手日と完了日が異なっていれば、工期が重なっていてもよいですか

「請負工事契約が別 かつ 工期が別である場合は併用可」の補助制度とは、工期が重っている場合、本事業への申請はできません。

過去に別の補助金を受けている住宅を、今回リフォームした場合、対象になりますか

過去に補助金の交付を受けていても、本事業の要件を満たすリフォームを行えば対象となります。ただし、今回のリフォーム工事で撤去等をすることにより、過去に受けた補助金の交付要件等に抵触することがないか、当該補助金の実施主体に確認した上で、本制度の実施を検討してください。

グリーン住宅ポイントでポイントを取得した住宅を、今回リフォームした場合、対象になりますか

要件を満たしている場合は対象になります。