介護保険利用の住宅改修

お客様のご自宅に手摺を付けてきました。

ご高齢で介護が必要になってきた奥様の安全の為に室内と屋外に手すりを設置してほしいとのご依頼でした。

屋内の工事の間はリビングでお待ちいただき内階段の手すり1日と

外階段の手すり1日、コンクリが乾いた後の確認で1日いただいて計3日間の短期間なリフォームとなりました。

* 写真はイメージです

お客様からは、こんなに早く工事出来るのならば

もっと早くにお願いしたら良かったです、とお喜びの言葉をいただきました。

* 介護保険の住宅改修費について *  

 (例.横浜市にお住まいの場合)市のHPより引用しています    

概要

在宅での生活に支障がないように、手すりの取付け等特定の住宅改修を行った場合に、一定の限度額内において、かかった費用の9割(1割負担の場合)が介護保険の給付費として、保険者(横浜市)から払い戻されます。

  • 対象:要支援、要介護者
  • 限度額:20万円(保険給付18万円(1割負担の場合))
    • 一定以上の所得がある方の利用者負担は、2割(保険給付16万円)または3割(保険給付14万円)※となります。
      ※3割負担導入は平成30年8月から
    • 改修費用の支払日(領収書の日付)時点での負担割合が適用されます。

続きの流れ

(1)ケアマネジャー等に相談(ケアマネジャー等が作成した理由書が必ず必要になります。)

ケアマネジャーがいない場合は区役所高齢(・障害)支援課に相談

(2)住宅改修の内容について、事前に区役所保険年金課へ相談

受領委任払い取扱事業者に工事を依頼すると、利用者負担分を支払うだけで、工事をすることができます。(住宅改修工事は、登録事業者でなくても取扱いできます。)

(3)区役所保険年金課へ住宅改修費の申請
工事着工前の事前申請が条件となります。
工事着工前に必要な書類
介護保険給付費支給申請書(エクセル:23KB) <記入例>(エクセル:28KB)
明細入力票3(エクセル:33KB) 
住宅改修が必要な理由書(エクセル:23KB) <記入例>(エクセル:18KB)
介護保険給付の申請・受領委任状(受領委任払い事業者に工事を依頼した場合)
見積書
見積額内訳書(標準様式)(エクセル:13KB)<記入例>(PDF:699KB)見積額内訳書について
上記の標準様式、または各事業所ごとの様式を使用できます。

工事施工前の写真(日付の入ったもの)
完成予定の状態がわかるもの(写真又は簡単な図を用いたもの)
住宅改修に関する承認書(賃貸住宅など)(ワード:15KB)
賃貸契約書の写し(賃貸住宅など)

(4)「住宅改修に関するお知らせ」受け取り

施工・完成

(5)住宅改修費の払い戻し(受領委任払い事業者に依頼した場合は手続き不要)
工事施工後に必要な書類
領収書(受領委任払いの場合は、被保険者に渡した領収書の写し)
工事内訳書
工事施工後の写真(日付の入ったもの)
住宅改修に係る総費用額明細書兼確認書(受領委任払いの場合)

オゾンで除菌脱臭!

最近空港内のトイレなどでオゾン脱臭機がついているのを見かけます。

皆様は悪臭防止法という法律をご存知ですか?

なんと昭和46年に悪臭は典型的な公害ということでそんな法律も出来たそうです。

悪臭がするだけで頭が痛くなったり吐き気がしたり

色々な不調が起こることも多いですもんね。

オゾンには、そんな悪臭が芳香剤や換気以外の一時的な脱臭ではなく臭いの原因物質を酸化させて分解し、

別の物質に変えてしまう力があるんです!そして、空気が原料なのでオゾン発生器があれば

どこでもオゾンを作ることが可能なんです。

https://www.sankei.com/life/news/200826/lif2008260043-n1.html

【産経新聞】低濃度オゾン、コロナ感染防止に有効 藤田医科大が確認

常に適量の低濃度オゾンガスが漂っていることで、いろいろな菌へ感染しにくい環境になるそうです。

そしてさらにオゾンはゴキブリやダニの繁殖活動に欠かせないフェロモンを強力な強化作用で分解してしまうため繁殖を大幅に減らすことにも期待されているそうです。

そんなオゾンを発生させる除菌機の取り扱いをアドバイザーホームでも開始しました。

大切なお子様をお預かりする幼稚園でも設置される場所が出てきているようです。

気になる方はお気軽にご相談くださいね。

火災保険

最近火災保険で詐欺にあったというような情報をテレビなどで目にすることがあります。

確かに、 アドバイザーホームのご近所の方からも明らかに怪しい会社が訪ねてきたというご相談も受けることがあります。

詐欺が横行していることも悲しい現実なんです・・・。

ですが、火災保険を利用してお家の修理を行うことが可能なのも事実です。

よく火災保険!火事にしか利用出来ないんじゃないの?という風に思われがちなのですが

そうではないんです!実は私もこの会社に入るまでは知りませんでしたが(笑)

もちろん、お家が経年劣化でなく雪や台風などで被災されていなければ保険を使って修理にはなりませんし

ご加入の保険の種類によっては保険の利用できる額も変わってきますが

保険利用でお家の修理をしても保険料は上がってしまうこともありません

そして3年前の被災まで遡ることができることが出来るんです。

申請を出すと保険会社の方も正当な申請がされているかを見に来られるので偽装の申請が通ることもありません

お家で気になる場所があれば点検にお伺いしていますので

お気軽にご相談くださいね

もちろん点検にお金はかかりませんし、被災がないのにしつこい勧誘などは行っておりませんのでご安心くださいね。

*火災保険が満期になったかたや、加入されていない方は弊社で加入も承れます。

家庭の水道水

日本の水道水は安全と言われていますよね。

水道水をそのまま飲料水に使用されている方もたくさんいらっしゃると思います。

私も料理に水道水をそのまま使用する事が多いのですが

街のリフォームメーカーでウルトラファインバブルを生成するノズルを

取り扱うことになり色々調べてみました。

UFBノズルを水道管につなげるだけでおうちの水道水が丸ごと生まれ変わるんです。

素晴らしくないですか?

日本の水道水は水質基準がかなりしっかりしていますが

含まれている塩素は人間にとって

害であることはご存じと思います。いわゆるカルキと呼ばれているものです。

トリハロメタンは塩素消毒によって発生する発がん性物質です。

アトピーなどの原因ともいわれていますし、肝臓などの臓器にも悪影響を与えているそうです。

残念ながらウルトラファインバブルで塩素を除去できるわけではなさそうです(除去できるフィルターのついたシャワーヘッドなども販売がありますね。)

なんといっても浴室やキッチンの水回りの臭いやぬめりが軽減され

トイレの汚れも改善され、掃除が楽になるようですし

お風呂に使用していてアトピーのお子様に喜ばれたという話しも聞きます。

そして!加齢臭もなくなったという話まで聞きました。

私のうちで飼っているわんちゃんがお世話になっているトリミングサロンでも導入され

シャンプーをしてもらうと実際にフワフワになっているのがわかります。

わんちゃんの肌の負担も少ないそうですよ。

水中の気泡がナノ化までちいさくなることで化学物質等を使用・不可することなく

様々な機能を素晴らしい水に変化させているようですね

皆様もご興味がありましたらお気軽にお問合せくださいね。

新型コロナウィルス

こんにちは、未だに収束の気配の感じられない新型コロナウィルス!気分も滅入りますね⤵

初めてウィルスの話題に触れたのがつい最近のように思っていましたが

調べてみると最初に新型コロナウィルスの報道がされたのは2019年12月31日だそうです。

それから、もうすぐ1年が経ってしまうんですね。

最初は何の知識もなく、すぐ収束するものと危機感がない方がほどんど、

私もここまで広がってしまうとは夢にも思っていませんでした。

世間では第3波が来ていると言われていますね。

そういえば 最近、世界初のTPAフィルター搭載空気清浄機 を購入されたお客様がいらっしゃいました。

電磁場で有害物質を帯電させ磁石のようにフィルターに吸着する優秀な空気清浄機だそういです。進化がすごいですねー。

色々なお店や公共施設でもほとんどの場所でアクリル板など設置されているのを見かけます。

アドバイザーホームでもこれから先も色々な状況を見据え何が出来るのか試行錯誤しています。

皆様は マスクやアルコール消毒の他 何か対策をされていますか?

お風呂

最近ぐっと寒くなりましたね、私は基本長風呂が苦手なのですが

それでも夏場よりはゆっくりと浸かって温まるようにしています。

私の実家でも浴槽を一式交換し、暖房設備も設置されました。

まだまだ使用には問題なかったので、かなり迷ったようですが

風呂釜が深く高齢になってきた両親には、

入るだけで負担が大きくなっていたようです。

私としては冬場によくおこるヒートショックの心配もあったので

一歩間違えば命の危険にもなりかねないという不安が

暖房設備があることで少しでもなくなってよかったです。

ヒートショックとは気温の変化によって血圧が上下し、心臓や血管の疾患が起こることです。

10°以上の温度差があると起こりやすく、

お風呂の温度が42℃以上になると、心臓に負担がかかるそうです。

41℃以上では浴槽の事故が増え、38℃~40℃で入浴することが

勧められているようですので設定するときに頭の片隅に置いておいてくださいね。

実家では、冷たいタイルの床も滑りにくい柔らかい素材になり素足でも寒くなく

掃除もしやすくなり毎日快適に入浴しているとのことで

私の安心にも繋がっています。

お風呂が寒いと感じたら浴槽交換を考えてみるもの一つかもしれないですね。

リフォームしたい場所

少し前になりますがご家庭でのリフォームしたいランキングという記事を見たことがあります。

1位はキッチンで圧倒的に女性の意見が多かったそうです。

2位お風呂、3位リビング、4位トイレと続いていました。

私はトイレの壁紙と便器のカラーを変更したいんです。

もともと何パターンか床やキッチンパネルのカラー

トイレ全体のカラーなど決まった組み合せになっていて

そこから気に入ったものを選ぶのですが

どーしてもトイレのカラーだけ好みでなかったので何年経ってもそこだけが気になっています。

機能が悪いわけではないので我慢ですが次回のリフォーム時には検討して

癒される空間のトイレになるのを夢みています。

皆様はお家のどの部分をリフォームされたいですか?

寒い日が続いていますね

天気予報を確認しては台風が酷くならないことを祈る毎日です

今朝の情報では本州よりかなりずれて進んでいる様子で一安心ですね。

ただ未だに昨年の台風の後、屋根にブルーシートがそのままになっているお家をテレビ画面で見かけると胸が痛みます。

一日も早く安心して過ごせる日々に戻れますように🙏

ドローン

皆様ドローンをご存じですか?

私のドローンのイメージは玩具のリモコンの飛行機です🛩

飛行禁止区域を避けるなどのルールを守る必要はあるものの、

資格がなくても操縦できるドローンはたくさんあります。

ただ産業用ドローンやレース用ドローンは周波数が大きいため

操縦に特定の資格が必要になります。

一般的に、産業用ドローンの操縦には、

「第三級陸上特殊無線技士」という無線免許が必要になります。

陸上特殊無線技士は、総務省が定める国家資格です。

さらに、レースで使用されるドローンは

「第四級アマチュア無線技士」という国家資格が必要となります。

きちんとした資格のもとにドローンを飛ばしていると安心ではないですか?

最近では災害救助や動物の生態調査、郵送や農業等他にも様々な分野で

ドローンが利用されているそうです。

アドバイザーホームでも最近ではドローンで屋根の点検を行っています。

屋根の上に登っての点検ではないので屋根全体の写真を撮ることも可能です。

このHPの施工事例のトップ画像は夕焼けの中のドローンです。とっても綺麗ですよね?

私もいつかドローンで綺麗な風景写真を撮ってみたいなと思っています。