お風呂

最近ぐっと寒くなりましたね、私は基本長風呂が苦手なのですが

それでも夏場よりはゆっくりと浸かって温まるようにしています。

私の実家でも浴槽を一式交換し、暖房設備も設置されました。

まだまだ使用には問題なかったので、かなり迷ったようですが

風呂釜が深く高齢になってきた両親には、

入るだけで負担が大きくなっていたようです。

私としては冬場によくおこるヒートショックの心配もあったので

一歩間違えば命の危険にもなりかねないという不安が

暖房設備があることで少しでもなくなってよかったです。

ヒートショックとは気温の変化によって血圧が上下し、心臓や血管の疾患が起こることです。

10°以上の温度差があると起こりやすく、

お風呂の温度が42℃以上になると、心臓に負担がかかるそうです。

41℃以上では浴槽の事故が増え、38℃~40℃で入浴することが

勧められているようですので設定するときに頭の片隅に置いておいてくださいね。

実家では、冷たいタイルの床も滑りにくい柔らかい素材になり素足でも寒くなく

掃除もしやすくなり毎日快適に入浴しているとのことで

私の安心にも繋がっています。

お風呂が寒いと感じたら浴槽交換を考えてみるもの一つかもしれないですね。